人気ブログランキング |

矢板片岡RR E2 山倉

■目標
15位以内

■課題
先週の石川RRに同じ

■対策としてやってきたこと
同上

■結果
48位

■レース内容
石川RRから1週間しか経っていないため、フィジカルはさほど変化は無く、普段のメニューを消化して臨んだ。
先週よりかは涼しいが、30度を超える暑さのため、運営サイドにてプールを用意してくれていた。
(これにはレース前後に大変助かりました。ありがとうございました)

初出場のため、神原選手と試走を行いコースプロフィールを頭に叩き込む。ロータリーから3段坂までの区間が狭く、なるべく前で入らないと周回を重ねるごとに辛くなるように思えた。
それにしても、公道を封鎖してこんなにもダイナミックなコースを設営できるとは・・・栃木県、おそるべし。

ローリングスタート後の3段坂の1発目で、今日のかかり具合を見るため先頭付近まで踏んでみる。思ったよりも脚が軽い。
前方では5名ほどの逃げが出来ていたが、長い下りがあるし序盤なのでペースで追い、集団はその後一つになる。

2周目の3段坂は少しずつ番手を下げながらペースで登り、長い下りでドラフティングを使いながらアウタートップで回して先頭付近まで出る。この動きは良かったが、その後左右から被せられて再び後退してロータリーに進入する。
最終コーナー手前で先頭付近に来るようにタイミングを遅らせるか、回し続けて位置を確保すべきだったな・・・

30番手程でロータリーからクランク区間を消化し、3回目の3段坂に進入する。後方のインターバルで少々脚がキツイ。
その後の長い下りで番手を上げるものの、70km/hを超えるスピードで1車身分の隙間に入ることができずに思い描いたポジションまで上げきれなかった。落車を怖がりすぎたかもしれない。

4周目のロータリーを過ぎると、集団の後ろでぶら下がっている不味い展開になる。頭では分かっているが、1周前まで出来ていたことが出来なくなってくる。
結局クランクを抜けたトンネル手前で、縦に伸びた集団に合流できずにドロップ。その後は関門を無事通過できたので、こぼれてきた選手とペースで回して安全にゴールした。

■所感
石川がDNFだったので、完走という最低限の目標は達成できたのは安心した。
他の選手のレースレポートを見ていると、L5~L6の領域で踏み切る練習が不足していると感じた。1回に出せるパワーはおそらく同じくらいだと思うが、回数を重ねて勝負を分かつ重要局面で要求されるパワーが出せていないため、まだまだ主体的に終盤まで動ける地脚が足りていない。
地脚を作るのには距離を乗らなければいけないが、他の要因で80km以上走れる時間を捻出できなかったため、1日1時間ほどのトレーニングで補強しようとしたが、それならば現状よりもっとキツイ強度で行う必要があるな。
技術も未熟なため、週末にお世話になっている意識高い系の方々との練習で磨いていこうと思う。

■使用機材
CARRERA ERAKLE TS
FULCRUM RACING SPEED


Unity<<<
Unityのフェイスブックページはこちらです。
# by cyclingteamUnity | 2018-07-25 22:20 | レースレポート

石川RR E2 山倉

■目標
15位以内

■課題
周回ラストの10分間の登坂およびインターバル耐性

■対策としてやってきたこと
パワーメーターによる対策メニュー
バーチャルレース
週1回以上、1分以下のインターバル

■結果
DNF

■レース内容
猛暑日の中、運営も開催を迷うほどの炎天下でスタートを待つ。
整列するまでは日陰や建物の中で涼を取り、なるべく体を冷やすようにしていたが、それでも暑い。
運営から氷の粒をもらい、スタートライン後に水を撒いているので積極的に浴びてほしいとのこと
(お心遣い、本当にありがとうございます。すごく助かりました)
スタート前にボトルの水を口に含んだら、すでにお湯になっていた。

スタートして1周目は先頭10~20番手付近を行き来して脚を溜めるようにしていた。
1周目の課題としていた4kmの上りに突入し、ギアをかけるが、脚に力が入らない。
ボトルの水を積極的に体にかけていたが、スタート前に温まっていたのはミスだった。
先頭がギアを上げてペースアップしたのは分かったが、あっという間にドロップ。
補給エリアで冷たい水を受け取る他の選手を見て、内心すごく羨ましかった。
今まで補給を必要とするレースに出たことがなかったが、補給がこれほど大事とは・・・

その後はこぼれた方とパックを組み完走を目指して走るが、3周回完了時で赤旗を振られる。
頭痛もあり熱中症のようになっていたので、3年前の石川を思い出し、手遅れになる前に
運営が用意してくれていたプールで全身を冷やした。

■所感
フィジカルが上がってきていた実感があったが、それだけに打ちのめされる結果になってしまった。
試合前に体の冷却が十分でなかったのもあるが、尚もフィジカルが足りない。
もっともっとキツイ練習をするしかない。



Unity<<<
Unityのフェイスブックページはこちらです。
# by cyclingteamUnity | 2018-07-16 21:13 | レースレポート

2018 JBCF 石川サイクルロードレース E3 磯崎

a0321437_00144524.jpg

◾️目標

3位以内


◾️課題

最後の登りでは絶対に3人以上逃さない。今の力を出し切る。


◾️対策としてやってきたこと

一週前がニセコクラシックだったので、そこにむけて1020分ほどの長い時間の登坂と5,6月とボリューム重視で乗り込んだ。登坂練習という点では石川対策でもあった。


◾️結果

37


◾️レース内容

並びは最後尾付近。とにかく暑い。

1周目は人数も多いので脚を使わないよう登りで踏みすぎないようにし、下りで位置をあげコース後半の長い登りは45番手で入った。

東北学院大の選手が少しペースを上げたが序盤のため付き合わず1人飛び出す形となり1周終了したあたりで吸収された。


2周目は人数も絞られはじめ、下りでも1周目ほど前に出られず集団中程で後半の登りへ。周りを確認するとキツそうな表情の選手が多かったので中切れには気をつけながら走る。この途中でボトル1本だったため水が無くなってしまった。暑さを感じながら2周目が終了し2030人くらいに。


あまり緩まず少し息が上がる感じで3周目の序盤の短い登りに少し後ろで入ってしまった。登りの後半でチームメイトのカマティーの後ろにつき、共に登っていると登り切りで少しだけ前の車間があきそうに。しかしキツかったこともあり、下りで追いつくだろうと思って一気に埋めず。これは最大の失敗でその後なかなか差が埋まらずカマティーとローテしながら追いつきはしたがかなり脚を使ってしまった。そして休むために後ろに位置しているところで鋭角コーナーで落車が起き、かなりキツイ状態に。いくつかアップダウンがある短い登りきりで追いつくためにオールアウトしてしまった。同じタイミングでカマティーも脱落。なんとか同じパックでおいかけたいところだったが、その後は暑さで熱中症になりかけていたのか、ペースがあがらないどころか真っ直ぐ走ることも厳しいほど。何度も降りようか迷いながらどんどん抜かれていく選手の後ろにつくこともできず、ただ苦しんでなんとかゴール。


◾️所感

いつも実業団レースは短いのでボトル1本にしていたが、今回は準備段階でかなり暑いことがわかっていたのでボトル2本にしておくべきところを全く気にもしていなかった。準備不足。そして準備段階でも帽子をかぶる、日陰に行くなどの対策も取っていなかった。

走り方としてはやはり3周目の最初の登りきりで車間を詰めなかったところが良くなかった。その後と比べればまだ少しは踏める状態だったと思うが、少しキツく感じた後だったからか弱気の判断をしてしまった。


ニセコクラシックはパンク、今回は準備不足と力不足で前半戦は全く良い結果が出せなかった。少し空く後半戦にむけて、計画を練り直してトレーニングを積んでいきたい。


使用機材

Giant TCR advanced SL

Bora Ultra 35 CL

Grand Prix TT 25c


Unity<<<
Unityのフェイスブックページはこちらです。
# by cyclingteamUnity | 2018-07-15 22:04 | レースレポート

第一回広島クリテリウム E2 仲沢

■目標:9位以内
■結果:E2-1組目_8位/44名中

■レース内容
現地到着がギリギリとなり、受付、監督会議と時間が押しぎみになってしまった。
試走で上げ気味に走ったが充分なウォーミングアップは出来なかった。
あいにく駐車場が遠かったため、直前の補給食も取れず、水を少し飲んだのみ。
すぐに出走時刻になり、スタート。1レース目というのは色々きつかった。

コースはTの字型で、長いストレートにコントロールラインがある。
最終コーナーを立ち上がると約600mでゴールとなる。
スタートして直ぐに二人ぐらいが逃げた。
1.7km×10周の短いレースとはいえ、逃げ切ってしまうような選手には付いていこうとすれば、
こちらがつぶれてしまうので無視する。
幸いこの逃げは3,4周で吸収した。
集団の前半位置をしようと注意したが、長いストレートでは平坦系選手に遅れを取りがちになった。
ならばと、コーナーへの入りを突っ込み気味で短めの立ち上がりなどでポジションを上げるようにした。
立ち上がりのペースアップは、インターバル的には許容範囲でそれほど苦しくは感じなかった。
集団前方、中盤ぐらいは何とか維持できた。
残り3周回のときに、最終ストレートで、逃げっぽいアタックがかかり、
これはヤバいかもと追いかけた。このときに少し脚を使ってしまった。
今日のレースは最終ストレート勝負になるとは予想していたが、
逃げが決まるかどうかの判断は難しい。
結局、逃げは成功せず、大集団のまま。
最終周、最後から2番目のコーナーで前に上がろうとしたが上手く位置が取れず、
約25番目位で最終コーナーを迎える。これは毎度の失敗パーターンかと焦る。
最終コーナー立ち上がり残り600m、ここから掛け気味にあげる。
踏み始めると、前のライダーの多くが消耗していたのか落ちてくる。
私は右レーンにいて、左レーン側にゴールに向って飛び出していく先頭グループが見えたが、
気づいたときには5m以上離れていてレーンも違い、後ろに付くことは出来なかった。
とにかく、垂れた選手をかわしながらレーンキープのまま出来る限り踏んだ。
スプリントというか、ヌルヌルとペースアップしたという感触。
それでも激苦しい。早く終わってくれと思うばかり。
これでだいぶ前に上がれたが先頭とはペースが違いすぎた。
そのままゴールとなった。

■所感
踏むところ、休むところを自分なりに試行錯誤して省エネ走行を出来た。
1度逃げに乗りかけたところで消耗はしたものの、
最終ストレートに向けて脚を残せたのだが、その前の位置取りには失敗。
とはいえ、苦手なクリテリウムでのこのリザルトは上出来だ。
JBCFレースでの1桁順位は初めて。

■機材
GDR Zaniah/Racing ZERO NITE/GP4000II 23C/クランクのみR9100 52/36 167.5mm
VELOTONEシューズカバー(今回おろしたが早速破けた・・・)


Unity<<<
Unityのフェイスブックページはこちらです。
# by cyclingteamUnity | 2018-07-02 06:37 | レースレポート

那須ロードレース E3 1組 佐藤

■目標:入賞(6位以内)

■結果:E3_1組 18位/84名中

■内容
前回の群馬の反省より、時間の許す限り乗り込んだ。その結果、レース前までに良い仕上がり具合を感じる事が出来た。体調にも留意し、レース当日は万全の調子で挑む事が出来た。

E3のレースは約7キロの多少起伏のあるコースを3周回。時間にすると30分程度。時間も短いのでアップは念入りに済ませた。

レースは、オーツー小暮選手と並んで後方からスタートした。
1、2周目は、なるべく脚を使わない事を意識しながら、集団先頭から15番手くらいでやり過ごした。位置取りには気を遣ったが強度的には全く問題無かった。
ラストの3周目は、最後のゴールスプリントに備えて脚を残しておくために、細い登り区間、その後のラスト2キロ区間も先頭付近で展開する計画。
いざ勝負の3周目。最初の下り区間から位置取り争いが激しくなる。上がるには向かい風を受けてしまうし、それに路面もウェットなので無理はせずに30番手ほどをキープ。ただ、細い登り区間に入る前までにこの位置に居るのは宜しくないし、また、そこまでに集団を伸ばしておきたい思いから、下りきり左折後の緩い登りで一気に集団の前まで動いてみた。これに二人が追走してきたことで集団は伸びた。二人は先に行かせて集団3番手ほどで脚を使わぬように細い登り区間に突入した。安全に下ってラスト2キロ地点で10番手ほど。ここまでは予定通りの展開。しかし、ここからがダメだった。ゴールが近づくにつれて速度もあがり集団は縦に伸びていくが、勿論苦しいので自ら風を受けて上がる選択はしなかった。誰かが追ったらその後を追うつもりだったが、そうこうしてるうちにあっという間に先頭は離れていった。先頭が遠くでゴールする姿を確認した後、せめて着Pでもと最後の力を振り絞ってゴールした。
先頭とは7秒も差があった。

■所感
まず今回は副キャプテンとして何としても結果を出したかった。だから入賞出来きずとても悔しい思いだ。ただ、前回とは異なりレースに合わせてフィジカルをそれなりに仕上げられたのは良かった。でも全然まだまだで、フィジカル的にもっと余裕があれば、レースの最後の局面で今回の様な選択はしなかったと思う。もっともっと練習を積んで次こそは結果を出したい。


■使用機材
CAAD12、
105、
キシリウムSLR、
コンチネンタルGP4000S2 25c

Unity<<<
Unityのフェイスブックページはこちらです。
# by cyclingteamUnity | 2018-06-16 18:04 | レースレポート